PLAN

間取り

プライバシーと
開放感の幸福な融合。

住むほどに心地よさを深める
邸宅を目指して。
こだわったのは、
プライバシーと開放感を
同時に高めること。
「内廊下×ハイサッシ」の贅沢です。

「内廊下×ハイサッシ」
の融合が、心地よさを変える。

心地よさへの工夫を、ふんだんに。

B3TYPE
1LDK+WIC
34.68m2
住戸専有面積:34.68m2(約10.49坪)
バルコニー面積:8.19m2(約2.47坪)

1 逆梁ハイサッシ

室内に梁の出ない逆梁工法を採用。従来より開口部が高くなることで、ひときわ伸びやかなハイサッシを実現。明るく開放的な居住空間を満喫できます。

2 ウォールドア

LDと隣接する洋室にはウォールドアを採用。開け放てばリビングと連なる大空間、閉めればお子様の居室などに、空間をフレキシブルに活用できます。

3 アウトポール工法

LDの気になる柱の出っ張りを無くし、空間をさらにワイドに愉しむ「アウトポール工法」を採用。お気に入りの家具もすっきりレイアウトできます。

4 廊下の短い無駄のないレイアウト

廊下などの無駄なスペースを極力排し、機能的な住戸レイアウトを実現。居住空間の有効面積を広げ、暮らしやすさを高めます。

5 下足入れ

ブーツ類の収納も可能な可動棚や傘かけなど機能的に使いこなせる収納スペースです。

傘かけ

すっきりと収まる傘かけ。

6 ウォークインクローゼット

たっぷり収納できる大型ウォークインクローゼットをはじめ、随所に物入を設置するなど、収納力を強化しました。

7 リネン庫

バス用品などがたっぷりと収納できるリネン庫を設置。可動棚の採用で、機能的にも優れています。

8 トイレ吊り戸棚

壁いっぱいに収納を配したことで、十分な収納量を確保しました。※B3タイプ採用

BAUS神奈川エリア物件
  • 掲載の内廊下写真は2024年4月に撮影したものです。
  • 掲載のモデルルーム写真は現地棟内モデルルームB3タイプ(1104号室)を撮影したもので、家具・調度品やオプション仕様等は販売価格に含まれておりません。(2024年4月撮影)
  • 掲載の眺望写真は、現地中心約42.7mの高さ(15階相当)から南方面を中心としてパノラマ撮影(2022年5月)した画像に一部CG加工を施したもので、実際の眺望とは異なります。眺望は住戸により異なり、将来にわたって保証されるものではありません。
  • 掲載の基準階平面図は、計画段階の図面を基に描きを起こしたもので実際とは異なります。
  • 掲載の間取り図イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、面積・畳数・仕様等は変更される場合があります。予めご了承ください。詳細・各種寸法につきましては、「バウス藤沢」図面集をご確認ください。
  • 掲載の設備写真は参考写真を除き、すべて「バウス藤沢」モデルルーム(ご契約済のFタイプ)を撮影(2022年10月)したもので実際の住戸を撮影したものではありません。
  • 住戸により仕様・形状が異なる場合があります。