• MUSASHI SAKAI

    MUSASHI SAKAI

  • LIFE INFORMATION

    LIFE INFORMATION

  • PRIDE DESIGN

    PRIDE DESIGN

  • SCAPE DESIGN

    SCAPE DESIGN

  • LIFETIME DESIGN

    LIFETIME DESIGN

  • GROWTH DESIGN

    GROWTH DESIGN

QUALITY

image photo

確かな安心を求め、
たどり着いた邸宅クオリティ。

STRUCTURE

基礎構造

基礎断面概念図

基礎構造

「バウス武蔵境」の建物の重量を支える杭基礎には、工場での品質管理のもとで製造された既製コンクリート杭を採用。これを地盤調査に基づいて、堅固な支持地盤に伝えている。国土交通大臣認定工法を採用し、万一の地震の揺れから建物を守る。※付属建物を除きます。

  • 外壁

    外壁概念図

    外壁

    建物の耐久性を確保する上で大切な外壁は、約150~180㎜のコンクリート厚を確保。断熱材も施工し、快適性にも配慮。※厚さは住戸によって異なります。

  • 戸境壁

    戸境壁概念図

    戸境壁

    戸境壁はコンクリート厚約200㎜を確保。隣接する住戸からの日常生活のノイズを軽減できるよう配慮。※一部耐火遮音壁となります。

  • コンクリート強度

    コンクリート概念図

    コンクリート強度

    コンクリートの設計基準強度を27〜36N/mm²以上※1・水セメント比を50%以下とすることで、よりコンクリートの構造体の耐久性を高めている。※杭・地下躯体・外構などを除きます。※1:1N/m㎡とは、1㎡あたり約100トンの圧力に耐えられる強度を意味しています。

  • T2サッシ

    T2サッシ概念図

    T2サッシ

    屋外からの騒音を約30dB軽減させるT-2等級のサッシをすべての住戸に採用。 ※遮音効果は諸条件により異なります。また、遮音性能はサッシのみのものであり実際の住戸における遮音効果とは異なります。

  • 二重床・二重天井構造

    二重床・二重天井構造概念図

    二重床・二重天井構造

    コンクリートスラブと床の間と天井材との間に空間を確保。そこに配線や給排水管を敷設することにより、将来のリフォームやメンテナンス性を高めた構造となっている。

  • ダブル配筋

    ダブル配筋概念図

    ダブル配筋

    建物を支える床と主要な壁(戸境壁・妻壁)には、鉄筋を二重に組み建物の構造体をより堅固にするダブル配筋を採用。シングル配筋よりも高い強度と耐久性を実現。

AMENITY

  • 高速インターネットシステム

    高速インターネットシステム※1

    光ファイバーによる最大1Gbpsのインターネットシステムを採用。

  • ケーブルテレビ「J:COM」

    ケーブルテレビ「J:COM」※2

    地上デジタル放送に加え、スポーツや映画などの多彩な専門チャンネルをご用意。

  • マルチメディアコンセント

    マルチメディアコンセント

    インターネット接続・BS・CS端子などにつなげられるマルチメディアコンセントを設置。

  • ペット同居可

    image photo

    ペット同居可※3

    大切な家族であるペットと共に暮らすことができるマンション。

  • 宅配ボックス

    参考写真

    宅配ボックス

    エントランス階には、ご不在時に届いた荷物をお預かりする宅配ボックスを導入。

  • ケーブルテレビ「J:COM」

    参考写真

    TESガス温水床暖房※4

    リビング・ダイニングには埃を巻き上げにくく、日だまりのような温かさを実現した床暖房。

  • 24時間ゴミ出し対応

    24時間ゴミ出し対応

    収集日や天候を気にすることなく24時間いつでもゴミ出しができるゴミ置場。

  • スロップシンク

    スロップシンク

    すべての住戸のバルコニーに、靴洗いやガーデニングに便利なスロップシンクを採用。

電力一括受電システム

電力一括受電システム

専有部分の電気料金が東京電力の従量電灯B・Cより約10%割引となる電力一括受電サービスを採用。 ※基本料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は割引対象外となります。

※1:回線速度は理論上の最大値で、速度を保証するものではありません。実際の通信速度はマンション内外の混雑状況やパソコン等の利用機器の性能、周辺の電波状況により異なります。※回線速度の最大値は、下り上りとも共通です。※2:専門チャンネルの視聴には別途月額利用料が必要です。個別にご契約の上、チューナーの設置工事が必要です。NHK受信料は別途お客さまのご負担となります。ご契約条件・手数料・月額利用料金等、詳しくはお問い合せください。※3:ペットの種類、大きさおよび頭数には制限があります。詳細は管理規約集をご確認ください。※4:お部屋の暖まり方は「住宅の断熱性能」、「温水マットの敷設率」、「お客さまのご使用状況」などにより異なります。

AFTER SERVICE

「バウス武蔵境」が提供するアフターサービスBAUS Premium Owner’s Club

ご入居後も安心して暮らせる住まいを目指して、4つの無償サービスをご用意。

image photo

  • 住まいの緊急トラブル受付
    &お手伝いサービス

    水まわりや電気のトラブル
    などに24時間365日受付

  • 3ヶ月・1年・2年
    定期点検サービス

    住戸内も
    定期的にしっかり点検

  • 住宅設備機器
    延長保証サービス

    竣工・お引渡し以降
    最長10年まで延長


  • BAUS Club Off

    宿泊施設やレジャー施設などを
    優待価格でお届け

※各サービスの保証内容やご利用条件等については、アフターサービス基準をご参照ください。一部、機器によっては保証期間の開始時期が異なります。
※応急処置等では対応できず、2次対応が必要となる場合は、有償となります。
※お手伝いサービスは9:00~17:00の対応となります(年2回まで)。

SECURITY&SAFETY

セキュリティシステム

セキュリティシステム概念図

セキュリティシステム

共用部から専有部の主要な動線において、来訪者を幾重にもチェックするシステム。鍵はエントランス(風除室)の操作盤に鍵をかざして開錠ができるノンタッチ解錠システムを採用。

CSPセントラル警備保障による24時間365日監視システム

CSPセントラル警備保障による24時間365日監視システム

暮らしの安心・安全を24時間・365日見守るCSP(セントラル警備保障)と提携。

  • エレベーター籠内防犯カメラ

    参考写真

    エレベーター籠内防犯カメラ

    内部の様子を映し出すホールモニターを1階エレベーターホールに設置。

  • 防犯カメラ

    参考写真

    防犯カメラ

    敷地内の共用部各所に防犯カメラを設置。映像を録画し、犯罪を抑制する。

  • 防災倉庫

    参考写真

    防災倉庫

    非常時や災害時の備えとして、住戸で保管しにくい防災備品を備蓄。※内容は予定であり、変更になる場合がございます。

  • カラーモニター付インターホン

    カラーモニター付インターホン

    防犯センサーと連動し、住戸内のセキュリティを高めるインターホンを設置。

  • 可動式ルーバー面格子

    可動式ルーバー面格子

    共用廊下側の窓に採光・通風を確保する角度調整可能なルーバー面格子を採用。 ※一部住戸を除きます。

  • ダブルロック玄関ドア

    ダブルロック玄関ドア

    鍵穴を上下2カ所に設け、不正解錠に時間がかかる防犯性の高い仕様。

  • 防犯サムターン

    防犯サムターン

    サムターン回しという不正侵入を防止する、スイッチをつまんで回す解錠方式。

  • ノンタッチキー

    参考写真

    ノンタッチキー

    エントランスホールに非接触キーリーダーを設置。ノンタッチキーを近づけるだけで解錠が可能。

  • 防犯センサー

    防犯センサー

    作動中に侵入を感知すると、インターホンが警報を発信し警備会社へ自動通報。

  • かまどベンチ

    参考写真

    かまどベンチ

    通常はベンチとして、非常時は炊き出し用のかまどとして利用できるベンチ。

武蔵野市初
「東京都子育て支援住宅」に認定。

「東京都子育て支援住宅認定」とは、周辺環境や住宅のバリアフリーなどのハード面に加え、コミュニティをはじめとしたソフト面においても、子育て世帯に配慮した住宅を認定する東京都の制度。「バウス武蔵境」は、武蔵野市の新築分譲マンションで初めてとなる認定を受けている。

  • POINT1 周辺環境

    保育・教育・医療施設などが徒歩圏に立地することに加え、敷地に隣接して未就学児を対象とした提供公園を計画。

  • POINT2 共用部分

    敷地内に「ブックラウンジ」や「コミュニティガーデン」をはじめとしたコミュニティ創出の場となる共用施設を計画。

  • POINT3 専有部分

    専有部内に「ドアの指はさみ防止」や「チャイルドロック付ガスコンロ」など、子育て世帯が安心して暮らせる設備仕様を採用。

  • POINT4 コミュニティ形成

    イベントやワークショップを企画し、入居者同士の交流を図りながら、いざという時に助け合えるコミュニティづくりを支援。

※「東京都子育て支援住宅」の認定は、1年ごとの更新が必要です。
※掲載の各完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。雨樋・エアコン室外機・給湯器等再現されていない設備機器等がございます。また、家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合がございます。なお、植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。周辺の建物等は簡略化しております。
※掲載の写真は、特記のない限りモデルルーム(Htタイプ/基本プラン/カラーセレクト:キャメルチーク)を撮影(2019年6月)したもので、造作家具・照明・装飾用小物等オプション(有償)も含まれております。
※掲載の図版等に関しては概念図であり、実際のものとは異なる場合があります。
※掲載の設備・仕様における使用材料や製品等は、施工上及び製造メーカーの都合等諸条件により、表示された性能を損なわない範囲で変更される場合があります。また、施工上の理由、または行政指導により設備・仕様・形状等を変更する場合があります。
※コミュニティやイベントの内容、コラボレーションの企業等は計画段階のものであり、変更となる場合や参加の際に参加費がかかる場合がございます。予めご了承ください。なお、コミュニティやイベントは、お引き渡しから約2年間売主がサポートするもので、この期間はHITOTOWA INC.に運営を委託します。