来場予約来場予約 資料請求資料請求

BAUS バウス横須賀中央

事業主のご紹介 事業主のご紹介

建物外観完成予想CG ※1棟の建物を異なる方向から見たイメージです。

横須賀の、住のランドマークとなる。

この地の、新たなランドマークとなるために。
横須賀への敬意と憧れを、
そのデザインやプランに込めた「バウス横須賀中央」。
モダンと風格を併せもった、
上質なるレジデンスが姿を現す。

建物外観完成予想CG 建物外観完成予想CG

横須賀の中心にある風景を新しくする
外観デザイン。

モダンでシンプル、なのに堂々たる存在感を放っている。
「バウス横須賀中央」の外観は、見る人にシンボリックな印象を与える。
バルコニーの手摺りに採用された透き通るような青ガラスが、建物にクリアな雰囲気を
もたらし、そこに反射する陽光は波のきらめきを想起させる。
外観デザインは水平のラインを強調。安定感をもたらすとともに一定のリズムをつくりだし、
洗練されたイメージを醸しだすことに成功している。
横須賀の中心にある風景を新しくする、それが「バウス横須賀中央」の外観デザイン。

敷地配置及び周辺イラスト 敷地配置及び周辺イラスト 敷地配置及び周辺イラスト
※手前の公園は敷地隣接の「市役所前公園」であり、計画敷地ではありません。 ※掲載の敷地配置及び周辺イラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植栽等は実際とは異なります。なお、外観形状細部・設備機器等は表現しておりません。また、表現されている植栽は竣工から初期育成期間を経たものを想定して描いております。施工上の理由および改良のため、変更になる場合がありますので、ご了承ください。

ゆとりとまとまりがある、
4方道路に接する配棟デザイン。

日々の暮らしに、陽光と広がりのある景観を呼び込むように
プランされた4方道路に接する配棟デザイン。
公園に隣接する地に建つ2棟の建物は、お互いに響き合い、美しい調和を感じさせている。全方位、どこから見てもまとまりがある。
その一体感は、レジデンスのアイデンティティとなる。

クスノキクスノキ
イロハモミジイロハモミジ
コブシコブシ
サルスベリサルスベリ
ソヨゴソヨゴ
ネムノキネムノキ

住まう人に安らぎをもたらす外構計画。

余裕の配棟がされたゆとりの敷地。南の角にはシンボルツリーのクスノキが聳え、
中庭にある多種多彩な木々や花々が、住まう人を安らぎへと誘う。
周囲の環境と緩やかにつながりながらも結界性をもたせた外構計画は、
このレジデンスにあるプライベートを、上質で、心地よいものにしてくれる。

エントランス外観完成予想CG エントランス外観完成予想CG

ここにある上質な日々が表現された、
贅にあふれた意匠、そして設え。

エントランスホール完成予想CG エントランスホール完成予想CG

横須賀という地を知り、理解し、
想いを寄せることで、
この街の新たなランドマークとなる建物を
つくろうと思いました。

株式会社JWA建築・都市設計 代表 渡辺 純 Jun Watanabe

デザイナー紹介

株式会社JWA建築・都市設計
代表
渡辺 純 Jun Watanabe

1954年東京生まれ、建築家として渋谷に事務所を持つ。ハーバード大学修了。丹下健三建築・都市設計研究所(1978年から1981年)および槇総合計画事務所(1985年から1990年)に勤務し、プロジェクト・アーキテクトとして幕張メッセを担当。1990年独立と同時にテキサス大学建築学部助教授に就き、1996年には終身教授資格を取得。2014-2016香港中文大学客員教授。6度のグッドデザイン賞など受賞歴多数あり。2014年にはアジア建築家協会ARCASIA賞をその年度唯一の日本人受賞者として受賞。

主な代表例

「中部大学留学生会館」 photo by:Toshiharu Kitajima 「中部大学留学生会館」 photo by:Toshiharu Kitajima

※掲載の建物外観完成予想CGと敷地配置イラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植栽等は実際とは異なります。なお、外観形状細部・設備機器等は表現しておりません。また、表現されている植栽は竣工から初期育成期間を経たものを想定して描いております。施工上の理由および改良のため、変更になる場合がありますので、ご了承ください。※掲載の植栽写真はすべて参考写真です。また、樹種は変更になる場合がございます。

資料請求はこちら

来場予約はこちら