和の未来に近いDESIGN

外観完成予想CG

透かす、積む、風を呼ぶ。

北側のファサードには、白を基調とした「左官調タイル」をベースに、
中央には縦型の「透かし積みレンガ」を配して、モダンで趣きのある邸宅の顔を創り上げました。
和モダンの外観が、周囲に溶け込みながらも、街の新しい象徴としての存在感を放ちます。

外観完成予想CG外観完成予想CG

正統で高級感あふれる
「白の左官調タイル」を基調とした外観。

外壁は、素材の質感を感じさせる「左官調のタイル」を使い、凹凸による陰影によって表情豊かな、高級感のあるファサードを創り上げました。白を基調とすることによって、モダンでアーバンな趣きを出すと同時に、時の経過とともに味わいが深まり、歴史を受け継ぐ邸宅に相応しいレジデンスとなることを目指しました。

マテリアルimageマテリアルimage

邸宅の顔を創る美しい
「透かし積みレンガ」。

北側外観の中心に配したのが、「透かし積みレンガ」によるデザインウォール。和を連想させる市松模様のように、白のレンガを互い違いに積み、透かせて隙間をつくることで日差しを遮り、風も抜ける風情あるファサードの表情をデザインしました。和のモチーフを使いながらも、モダンな印象も持つ意匠が、このエリアには今までなかった個性あるレジデンスの顔を創り上げています。

谷口 裕一

Architect DesignIAO竹田設計 東京第一事務所 部長
統括設計者/一級建築士

谷口 裕一Yuichi Taniguchi

日本、中国を拠点にリゾート開発から商業施設、オフィス、集合住宅など広範囲な建築設計を手がけるIAO竹田設計の中で、今回本物件の統括設計担当として、設計、監理を担当。これまで多数の分譲マンションを手がけ、複数のグッドデザイン賞を受賞しています。

日本、中国を拠点にリゾート開発から商業施設、オフィス、集合住宅など広範囲な建築設計を手がけるIAO竹田設計の中で、今回本物件の統括設計担当として、設計、監理を担当。これまで多数の分譲マンションを手がけ、複数のグッドデザイン賞を受賞しています。

眺める、隠す、想わせる。

例えば空間を美しく切り取り、見えない風景をさらに想像させる「地窓」を始め、
それぞれの空間に意味を与え、精神の豊かさを育む「和の知恵」を感じさせる仕掛けを、住空間の様々な場所に設えました。
住まわれる方が、日々新しい発見をされるような住まいを目指しました。

ラウンジイメージイラストラウンジイメージイラスト

格子、左官壁、地窓。
心から寛げるセカンドリビングとなる「ラウンジ」。

主屋の土間空間をイメージして、「ラウンジ」を設けました。それは、人が集いくつろぐ「セカンドリビング」。床を一段下げることで、天井の高いゆとりある空間を創りました。そこには木調の「格子」、「左官壁」、「光壁」「玉砂利のある床」など和の要素をふんだんに取り入れています。そして、椅子に座ると目線の高さに、外の緑が感じられる「地窓」を配しました。上部を隠すことで、逆に想像を掻き立てる「和の知恵」を感じさせるデザインがここにあります。

エントランスゲートからの連続性を大切にした空間構成。

街中から、「茶室」という別世界へ、意識を切り替える役割を果たす「露地」のように。通路は木調ルーバーと縦ルーバーで木漏れ日のような柔らかな光を感じる空間に。まるで木立を抜けるような心地よさを感じることができます。正面には夏の夜の蛍の光を感じるような石を、アイストップとして用いて、通るたびにほっとするような工夫を凝らしています。

敷地配置設計当初イメージイラスト敷地配置設計当初イメージイラスト

奥まる、重なる、一つになる。

世田谷の邸宅に相応しく、もともとこの地域に植生している庭木を中心に植栽を計画しました。
花が咲く様々な樹種を「混植」して、季節の移ろいが楽しめるようデザインしました。

外観完成予想CG外観完成予想CG

邸宅のゲートとなる庇が、風格ある佇まいを演出。

古来、武家など身分あるものではないと「門」を構えることは許されませんでした。格式ある家のことを「名門」というように、門は、家の象徴となる場所。「バウス世田谷上町」では、大きなアルミの庇で、エントランスに導くための門構えをしっかりと創り上げています。街並みに新しい風景を生み出す迎賓空間がここに広がります。

建築と一体感を持って、緑をデザインすること。

「バウス世田谷上町」は、建築と外構計画に一体感を持つようなデザイン手法をとりました。それは、住まう人の動線を大切に考えることでもあります。邸宅のゲート脇に豊かな緑を配し、お屋敷の「前庭」として、迎賓の趣きを演出。そして、中に進むにつれ緑が感じられ、居住空間へと誘うようにデザインしています。ラウンジの地窓からは、坪庭が「ちらり」と見え、緑の広がりを感じさせます。常に自然を感じ、風を感じる「世田谷邸宅」がここにあります。

世田谷邸宅らしい佇まいを創り出す、
「混植」による植栽計画。

「和の知恵」を感じさせるものに「奥行き」という考え方があります。植栽計画として主役をおかず、高さの違う様々な樹種を「混植」して、それぞれが重なり合い、奥行きを感じさせています。春のコブシから始まり、夏はエゴ、ヤマボウシ、ヒメシャラ、サルスベリ、冬のクロガネモチまで、花や実、紅葉、黄葉が楽しめる樹種を植えて、「この国の四季」を存分に感じられるようデザインしました。

敷地配置設計当初イメージイラスト敷地配置設計当初イメージイラスト

季節の移ろいとともに、異なる花が美しく咲き誇る。

コブシ

コブシ

サルスベリ

サルスベリ

ヤマボウシ

ヤマボウシ

イロハモミジ

イロハモミジ

アガパンサス

アガパンサス

大武 一伯

Landscape Design株式会社 いろ葉Design代表取締役

大武 一伯Kazumichi Otake

1991年(株)タウンスケープ研究所入社。
環境デザインや景観デザインに取り組み、グッドデザイン賞等を受賞。
2012年(株)いろ葉Designを設立。
水や緑につつまれた新しい住宅スタイルの実現を目指した外構計画、環境計画を心掛けています。