バウス湘南台

駅近なのに拠点

外観完成予想CG

敷地配置イラスト

駅近住宅街区に映える、
新しいシンボルレジデンスを。

駅前の賑わいを抜けた先にある、成熟した住宅街に誕生する全97邸の「バウス湘南台」。
ゆとりある敷地に、南向き10階建てと東向き7階建ての2棟を構成。
この街の新しい邸宅風景を創造する、洗練されたレジデンスです。

外観完成予想CG

開放的で落ち着きある意匠。
この地に相応しい、
存在感のある邸宅デザインを。

外観は、まず「落ち着き」と「安定感」を大切にし、茶系のタイルを中心にデザインしています。また、三方接道立地の開放性を活かすため、ガラス手すりを多く用い、軽やかな表情を演出。ダークカラータイルをアクセントとして用いることで、建物全体により立体感が高まり、落ち着きの中に、独自の存在感を醸し出しています。

※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機・給湯器等再現されていない設備機器等もございます。また、植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。周辺道路・建物等は簡略化しております。
※掲載の情報は2021年3月現在もので今後変更になる場合がございます。