BAUS日本土地建物グループ

  • A-
  • A
  • A+

ご利用環境について

1.推奨ブラウザ

Windows

Microsoft Internet Explorer 最新版
Mozilla Firefox 最新版
Google Chrome 最新版

Macintosh

Safari 最新版
Mozilla Firefox 最新版
Google Chrome 最新版

※ただし、お客様のご利用環境によっては、不具合が起きる可能性がございます。

2.SSLについて

お客さまの個人情報は「SSL」により保護されており、セキュリティー機能に対応したブラウザーを使用することで、お客さまの情報を自動的に暗号化して送受信しています。
SSLの機能が強化されている事と最新のセキュリティーバグの問題が解決されている事から、推奨ブラウザーをご使用になることを推奨致します。
当ウェブサイトでは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにセコムトラストシステムズ社の高度な暗号化技術であるSSLを利用しています。
ただし、お客様のご利用環境によっては、セキュリティの警告画面が表示される不具合が起きる可能性がございますが、お客さまの情報は正常に暗号化されて送受信されております。

※SSL=セキュリティソケットレイヤーの略

3.プラグインについて

当ウェブサイトを閲覧するには一部で「ADOBE™ FLASH™ PLAYER」のプラグインが必要です。
お持ちでない方は下のバナーより、フラッシュのプラグインをダウンロードすることをお奨めいたします。
当ウェブサイトでは、いくつかのPDFファイルを使用しています。
PDFファイルを開くためには「ADOBE™ READER™ 」が必要ですので、あらかじめソフトをダウンロードしてからご利用ください。

4.JavaScriptおよびスタイルシート

Microsoft Internet Explorer

[JavaScriptの設定]

      
  1. ツールバーの「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」を選択します。
  2.   
  3. セキュリティ」のタブを選択し「このゾーンのセキュリティのレベル」内の「レベルのカスタマイズ」をクリックします。
  4.   
  5. 「スクリプト」内の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

[スタイルシートの設定]

        
  1. ツールバーの「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」を選択します。
  2.     
  3. 「全般」のタブを選択し右下の「ユーザー補助」ボタンをクリックします。
  4.     
  5. 表示された画面ですべてのチェックをはずし、「OK」をクリックします。

Safari

[JavaScriptの設定]

        
  1. ツールバーの「Safari」をクリックし、「環境設定」を選択します。
  2.     
  3. 「セキュリティ」のタブを選択します。
  4.     
  5. 「Webコンテンツ」の「JavaScriptを有効にする」にチェックを入れ、左上のクローズボタン(赤)をクリックします。

Firefox

[JavaScriptの設定]

<Windows>
        
  1. ツールバーの「ツール」をクリックし、「オプション」を選択します。
  2.     
  3. 「コンテンツ」のタブを選択します。
  4.     
  5. 「JavaScriptを有効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
<Macintosh>
        
  1. ツールバーの「Firefox」をクリックし、「環境設定」を選択します。
  2.     
  3. 「コンテンツ」のタブを選択します。
  4.     
  5. 「JavaScriptを有効にする」にチェックを入れ、左上のクローズボタン(赤)をクリックします。